コンドロイチンの効果

コンドロイチンとグルコサミンの力

コンドロイチンはほんとうに効くの?

現在、コンドロイチンは、関節痛の治療薬として世界認識の元に医療現場では、すでに導入されています。

実際軟骨に特に多く含む物質ですので、関節と関節との間で、クッションのような働きをする軟骨が体内で生成されにくくなってしまったために引き起こされる関節痛には、コンドロイチンが最も効果的とされ、さらに骨の形成にも大きく関与しているところから、骨そしょう症で苦悩する患者さんへの治療薬としても活躍しています。

その他、美肌効果や保湿効果、弾力性に優れているという事から、アンチエイジング効果を高める意味で、サプリメントとして市販されています。

しかしかといって、コンドロイチンだけを単独で取り入れても、さほど大きな効果は期待できません。一部の専門家も言っているように、アミノ酸などが十分に機能しない状態で、いくらコンドロイチンだけを摂取しても、肝心の痛み部位に届く前に消化もされずに体外へ排出されてしまう事が多いという現実があります。

そうした難点を克服するために重要な働きをするのがグルコサミンです。

いずれも同じく関節痛に効果的と言われている物質ですが、グルコサミンは軟骨細胞を活性化させる機能に優れており、そこへコンドロイチンを投入することにより、活性化の源である栄養補給を可能にします。したがって、グルコサミンとコンドロイチンの両方を体内に同時に取り入れる事により、さらに治療効果は発揮され、長期良い状態を維持できるのです。

関連記事

Copyright © 2010 コンドロイチンとグルコサミンの力 All rights reserved.